利点と欠点を理解する

どんなに頑張ってもダイエットが失敗してしまう人に限って「楽をして痩せたい」と思っている人が多いですが、楽して痩せられるのであれば肥満の人がこの世からいなくなってしまいます。本当のダイエットというものは何ヶ月も努力をして初めて効果を実感できるものです。

そこで多くの人が考えるのが脂肪吸引ですが、これにはメリットとデメリットがあるので理解しておきましょう。メリットは皮下脂肪を吸引できるメリットです。中年以降になると体重は減ってもなかなか皮下脂肪までは落とせないままぽっこりお腹で悩んでいる人は多いです。体重は減ったとしてもぽっこりお腹が解消されない人も多いですが、脂肪吸引はぽっこりお腹の原因にもなっている皮下脂肪をダイレクトに吸引することができることが最大のメリットです。

デメリットは身体への負担の割には1回の吸引で数キロしかダイエット効果が無いということです。下手な医師が施術をしてしまうと健康被害を起こすこともあり、大量出血で死亡してしまう人もいます。最悪の場合命に関わる事態なりかねないのが脂肪吸引の恐ろしさでもあります。ここまで来ると個々の価値観の問題で、リスクを冒してまで脂肪吸引したいのか?リスクを避けるのか?の二択になります。

不安を煽るようなことをいってしまいましたが、こうした脂肪吸引を行っているクリニックでは必ずカウンセリングを行っていますので、疑問がある場合は事前に医師に質問しておくとよいでしょう。無料でカウンセリングを行っている場合が多いので、遠慮なく活用していきましょう。質問したことで怖くなった場合は施術キャンセルもできます。怖がらずに、直接脂肪吸引を行っているクリニックに質問してモヤモヤを解決しましょう。

体重

脂肪吸引はリバウンドのないダイエット

脂肪吸引は、リバウンドの心配がほとんどないダイエット法です。通常のダイエットでは、継続した運動と厳しい食事制限が必要になります。確かに食事量を減らせば徐々に体重は落ちていきますが、一定期間経つと体は少ない食事量に慣れてしまうため、体重は減らなくなって停滞してしまいます。

そして、ダイエットを止めて食事量を元に戻すと、必要カロリーよりも多く摂取していると体が認識してしまい、リバウンドするのです。食事量を減らすと、筋肉量が落ちて代謝も低下してしまうため、更なる悪循環を招きます。

しかし、脂肪吸引なら脂肪細胞ごと取り除くことができますので、リバウンドの心配がないだけでなく、太りづらい体質を手に入れることができます。通常のダイエットでは部分的に痩せることは非常に難しいのですが、脂肪吸引の場合はどの部分をどれ位減らすと決めてから施術を行うため、術後はすぐに理想のプロポーションを手に入れることができます。

 

脂肪吸引の需要の高まり

脂肪吸引は、様々に行われているダイエットの中でもダイエットを行う人自身の努力をする事が最も少ないダイエット方法として非常に人気が高まってきているダイエット方法となります。これは、ダイエットを行いたいと考えている人の余剰な脂肪を脂肪吸引を行うことによって体重を落とす事が出来るもので、非常に手軽に活用する事が出来ますので人気が高くなっております。

多くの人が、脂肪吸引を行うことで手軽に自身が希望する体型を手にする事が出来るようになっております。脂肪吸引では、特定の場所のダイエットを考えている人の脂肪を吸引してもらうことによって行う事が出来るものとなります。

その吸引量と言うものには当然の事ながら一定量しか行う事は出来ませんので、健康を害する程の脂肪を一気に除去すると言う事は出来ませんので、脂肪吸引を行う事を考えている人は、クリニックで充分に相談をした上で脂肪吸引を行ってもらうと言う事が大切です。

ベイザー脂肪吸引とは

現在の医療技術であっても1回の吸引で皮下脂肪を1リットルから3リットル程度しか吸引できなくて、これを重さに換算すると数キログラム程度にしかなりません。ショートカットしてダイエットをしたいと思っていた人にはたった数キロでは物足りないと思ってしまう人もいます。しかし現在では様々な治療機器が開発されていて、1回の脂肪吸引で多くの脂肪を吸引することができる美容手術の方法が注目されていて、その1つが「ベイザー脂肪吸引」と言われるものです。

ベイザー脂肪吸引とは脂肪を減らしたい場所にベイザー波を当てることで内臓には一切負担をかけないで脂肪だけを遊離させることができる治療方法です。皮下脂肪を遊離させることで容易に吸引できるようになりました。通常の脂肪吸引と比較すると体への負担を軽くすることができるメリットがあります。特に皮下組織へのダメージの軽減はとても大きいです。体内のダメージも負担を軽くすることができるので、内出血などの症状を減らすことができます。

ベイザー脂肪吸引は一般的な脂肪吸引と比べても皮膚直下の浅い層の脂肪まで除去できるので根こそぎ皮下脂肪を吸引できるので、1回に吸引することができる脂肪の量も多く結果的には1回の吸引で予想以上に痩せることができます。

参照HP・・・http://osaka-cs.com/
ベイザー脂肪吸引を受けられる「湘南美容外科(大阪心斎橋院)」のサイトです。

 

細くなる脂肪吸引とはどのようなものか

脂肪吸引とはどのようなものなのでしょうか。脂肪吸引とは皮下脂肪を特殊な吸引管で取り除く手術のことです。皮下脂肪に悩んでいる人や、肥満の人、部分的に脂肪を吸引したいと思っている人、肥満の解消のためにダイエットを行っているが効果が出ない人やリバウンドに悩んでいる人に用いられる手術です。

この手術は脂肪を減らしたい部分に脂肪吸引管を挿入にして、陰圧で吸い取り、除去していきます。脂肪吸引法が一般的に用いられるまでは、脂肪切除手術が主流でしたが、大きな傷が残らないこと等の理由で、今では脂肪を減らす方法として主流になっています。

普通は、吸引前に止血効果や鎮痛効果のあるチュメセント麻酔液を吸引部位に注入して脂肪を吸引管で吸い取ります。この方法をウルトラハイパーウェット法と呼びます。この方法では硬い脂肪を直接吸い取るため身体にかける負担が大きくなるので、術後に皮膚が凸凹になります。しかし、最近では医学が進歩してきたので改善されています。

 

脂肪吸引も今は安全に

男性の方ももちろん気にしている方は沢山いるとは思いますが脂肪吸引までしようとはあまり考えないのではないでしょうか。しかし女性にとってはやはり体型はかなり気になり、痩せている方でも自分は太っていると思っている女性がかなり多いと思います。そして脂肪吸引をする女性も今はかなり多いようです。

個人的なイメージだと正直脂肪吸引は少し怖いイメージがあったのです。昔に成りますが失敗したなどのニュースも見た事があるのでどうなのかなと思ってましたが、いろいろ調べてみるとやはり医学も進歩していて現在ではそういう失敗もほぼ無くなっているようです

周りの女性などに聞いてもやりたいと答える人が多かったです。しかしやはり金額的に考えればかなりの金額になると思います。そう簡単に出せる金額では無いと思うのでもちろんそこを考えてから行うべきだと思います。そして脂肪吸引で痩せたとしてもその後がまた大事になって来ると思いますのでよく考えて行うべきだと思います。術前も術後も気軽に相談できるようなクリニックで施術できると安心かもしれません。ナイーブになることもあるでしょうから、親身になってくれるようなところを探しましょう。

数キロしか痩せません

脂肪吸引では取り出した脂肪の単位をリットルで表しています。一般的な量は1回の吸引で1リットルから3リットル程度が一般的だと言われています。脂肪吸引はお腹周りだけではなくて、大腿、下腿、上腕、臀部、頚部などの皮下脂肪を吸引します。1回の吸引で1リットルから3リットル程度が一般的ですが、これを重さに換算すると数キログラム程度しか吸引できない計算になります。

元々痩せている人であれば1回の吸引で1リットルから3リットル程度皮下脂肪を吸引すればさらに痩せることができますが、ものすごい肥満の人が1回の脂肪吸引で劇的に変わることは難しいです。体形の改善は多少見られても体重となると大きく痩せるには何回も脂肪吸引の手術を行わなければいけません。

しかし何回も脂肪を吸引する手術を行うのは体への負担も大きくなってしまいます。脂肪吸引の手術は皮下脂肪を機械的に破砕してから吸引切除する美容手術ですから、何回もやれる手術ではありません。楽をして痩せたいという考えで脂肪吸引をするのであればその考えは改めたほうが良いでしょう。負担を軽くしてダイエットをするなら脂肪吸引ではなくて食事制限と運動をしてダイエットをしたほうが確実です。

 

脂肪吸引は見た目は痩せますが体重はそこまで減りません

なりたい自分私の知り合いで脂肪吸引を行った方がいます。その方は日頃からお腹がでていることを気にしていて、いろいろなダイエットを常にトライしていました。でもそれも続かず悩んでいたところ、脂肪吸引ならどうだろうかと私に相談してきたので、私も脂肪吸引の事について詳しくなかったので調べたところ、現在多くの方々が脂肪吸引をしてスリムになっているという情報をインターネット上で読みました。

その方々はとても幸せそうだったので、私は知り合いの方にその事を話したところ、やってみたいということになってその話の一週間後にはもうスリムなボディを手に入れていました。本当に見違えるほどお腹が引っ込んでいて驚きました。手術はどうだったかと尋ねると、痛みもなくとても気軽にできるものだったと言っていました

ですが、脂肪吸引をしても思っている以上には体重は減っていないようです。意外にも脂肪は軽いのかもしれません。体重よりも見た目が痩せたからまず動きやすくなりとても快適だと話していたので本当に良かったです。

 

脂肪吸引でなりたい自分を手に入れる

美容外科での脂肪吸引と聞くだけで、身体が痛そうで怖いと感じる人も多く、施術を行うのはとんでもないと考えている人も多いでしょう。しかし、実は美容外科でも脂肪吸引は人気の高い施術になっているのです。脂肪吸引は術後の変化が大きいために、美しくなっていっている自分を見る事ができる為に、施術を決める人が多いです。

容姿を大きく変える事ができる為に、施術してから数日間は身動きできないのではないかと言う人もいますが、事務仕事などであれば次の日から仕事を行う事も可能なので生活の支障もほとんどなく施術を行う事ができます。年々美容技術が進化してきている事から、傷口もほとんどわからずに脂肪吸引を行う事ができます。

そのため、下半身のみが太いために、ダイエットを行っても満足いく効果をえる事ができない人などには特におすすめとなっています。脂肪吸引後にノースリーブやミニスカートを着て街中を歩くのが楽しくなったという人も多く、脂肪吸引を行う事でなりたい自分になる事ができます。今まで想像でしか着ることができなかったワンピースもショートパンツも履くことができるかもしれないのです。おしゃれの幅も広がって毎日が楽しくなるはずです。女性であれば、こうした楽しみを味わってみたいものです。なりたい自分を目指して、素敵な日々を送ってくださいね。

脂肪吸引とは

脂肪吸引は痩せるためにとても有効な手段と言われていて、多くの人が脂肪を吸引して痩せることに成功しています。脂肪吸引では「皮下脂肪」を取り除きたいと思っている人に友好的です。痩せたいと思っている人の悩みは様々で、単純にダイエットをしたい人、病気で皮下脂肪を取り除かなければいけない人などが脂肪吸引を行います。

現在では脂肪を吸引したい部分に脂肪吸引管を挿入してその管から脂肪を吸引して除去してきます。この手法が確立される前は直接脂肪を切除する手術も行われていましたが、体への負担が大きかったために現在では脂肪吸引管を挿入する方法が主流となっています。一昔前の脂肪吸引はそのまま脂肪を吸引していたので体への負担も大きかったですし、術後に皮膚が凸凹になってしまうリスクが高かったのですが、現在では医療技術の発達もあり仕上がりが綺麗になることが多くなりました。

最近では女性に限らず男性でも脂肪吸引をしてダイエットを成功させたいと思っている人も多く、性別関係なく美容外科に通っている人は多いです、脂肪を吸引することに抵抗を感じている人も多いですが、最新の医療技術で施術をすれば、体への負担を軽くしながら一気に脂肪を吸引できるようになりました。一回で一気に吸引できるのは身体と費用の負担を考えればとても魅力的なことです。当サイトでは脂肪吸引でどれだけの脂肪を吸引できるかをご紹介します。これから施術を受けてみたいと思っている人は参考にしてください。

はみ肉

手軽な脂肪吸引という方法

女性にダイエットの有無を聞いてみると、7割の女性が常にダイエットをしているという統計結果があります。痩せたい部位のランキングは、お腹・脚・お尻・二の腕の順ですが、これらを自分の力だけで細くするのは、歳とともに中々困難になっていきます。そのため、近年は脂肪吸引を選ぶ人たちが増えてきました。

脂肪吸引をする場合、まずは美容整形外科にカウンセリングに行きます。そして脂肪を取りたい部位から、どのくらい取れるかを決めます。脂肪は取れる限界値があるので、生活に支障が出ない量で取っていきます。

また、手術には全身麻酔を使うため、手術に耐えられるかどうか確かめるために、血液検査も行います。手術の所要時間は、取る部位にもよりますが大体30分から1時間はかかります。麻酔が効いているので痛みはありませんが、術後は徐々に痛みが出てくるので、安静が必要となります。また、オプションとして、お尻などから要らない脂肪を取り除き、それを胸に入れて豊胸するという方法などもあります

 

脂肪吸引における豊胸のメリット

豊胸手術の方法の1つに脂肪吸引による豊胸手術があります。これは自分の体内にある不要な脂肪を吸引して、胸の中にその脂肪を吸引を行い豊胸を行うものです。不要な脂肪を吸引して痩身にも役立ちますし、またそれを再利用してバストと綺麗な形にしたり、大きく出来るという特徴があります。

豊胸について調べていると、この脂肪吸引による豊胸はお勧めとしているところもあれば、お勧め出来ないと記載されている所もあり、色々なのです。脂肪を注入すると、一時はそこに脂肪が定着するのですが、時間と共に注入を行った脂肪は体内に吸収されてしまい、効果の持続期間が短くなると言われているのです。

そのため脂肪吸引における豊胸をお勧めしていないサイトもあるわけです。しかし、健康診断などのときに、脂肪を注入する方法を行えば、レントゲン写真に写る事は無く、豊胸手術を受けた事がばれずに済むという魅力もあります。また、脂肪を吸引する方法ではメスを使いませんので傷が出来ないという利点もあるのです。やはり傷口が小さいといっても自分の体にメスを入れるのは勇気がいるものです。